コラム

部屋にも充満する加齢臭どうしたらいいの?

年齢を重ねるごとに、加齢臭に悩む人が多くなります。

加齢臭は、自分の体から臭うだけではなく、部屋にも充満してしまう可能性があるのです。
ただでさえ気になる加齢臭が部屋にも充満していたら、良い気分になれる人はいないでしょう。
そこで今回は、部屋にも充満してしまう加齢臭の対策についてご紹介していきます。

加齢臭はなぜ発生するのか


加齢臭は、年齢を重ねるごとに発生する臭いです。
この臭いの原因は、不飽和アルデヒドであるノネナールという物質だと資生堂が発見しました。
原因となる物質を発見した時に、ノネナールによって発せられる臭いを「加齢臭」と名付けたことが、世間に広まるきっかけだと言われています。


加齢臭の臭いには個人差がありますが、ブルーチーズや生臭い魚、廃油、古本を連想させるような臭いだと感じる人が多いです。このような臭いが好きだという人はほとんどおらず、不快に感じてしまいます。
そんな加齢臭は、40歳前後から臭いが気になりだすケースが多いです。


なぜかというと、そのくらいの年齢から皮脂の中に9-ヘキサデセン酸が出始めてしまうためです。
9-ヘキサデセン酸が分解されることによって、ノネナールに変化するため加齢臭が気になりだします。
9-ヘキサデセン酸が分解されるのは、9-ヘキサデセン酸だけではなく脂質や活性酸素も40歳前後から増え出すからだと考えられています。


脂質や活性酸素の増加は、男性ホルモンの活性化や抵抗酸化力の衰えが原因となっています。
このような条件が揃うことによってノネナールの生成が進んでしまい、加齢臭が気になってしまうのです。

部屋に加齢臭が充満してしまうのはどうして?


加齢臭は体から放出されているため、部屋まで加齢臭が充満するということは考えにくいと思われがちです。
しかし、ノネナールや皮脂が付着したものが室内にあれば、部屋にも加齢臭は充満してしまいます。
ノネナールや皮脂が付着しているものには、椅子やソファー、畳など体が直接触れる場所、臭いの原因となる成分が残った服を入れたクローゼット、使用して洗濯をしないまま干してあるタオル、臭いの元が残ったままの洗濯物などが挙げられます。


このような原因が室内にあると、部屋に加齢臭が充満してしまい、常に臭いが気になるようになってしまうでしょう。
では、部屋に加齢臭が充満している場合はどのような対策を講じれば良いのでしょうか?
対策として有効な方法はいくつか挙げられるのでご紹介します。

部屋に充満している加齢臭を外に出す


部屋の中に充満している加齢臭対策をするなら、まずはしっかりと換気をしましょう。
窓を2ヶ所以上開け、風の通り道を作ってあげることによって、部屋の中に充満している嫌な臭いを除去することができるため、換気は定期的に行うことをおすすめします。

寝具を定期的に選択する


加齢臭の原因となるノネナールや皮脂は、枕カバーやシーツにもたくさん染み付いています。
寝具は臭いを放つ面積も広くなっているため、部屋に充満する加齢臭の原因としてもっとも大きなものだと言えるでしょう。そのため、枕カバーは毎日、シーツや布団カバーは少なくとも1週間に1回は洗濯をするようにしてください。そうすることによって、部屋に充満した加齢臭はかなり軽減するはずです。
ただ、皮脂汚れが布団まで達している場合は、布団をクリーニングに出さなければ臭いのもとを除去することができません。枕カバーやシーツを洗濯しても効果が表れない場合は、布団自体をクリーニングに出すことをおすすめします.

洗濯の方法を変えてみる


洗濯物に付着したノネナールは、水性なので洗濯をすれば落とすことができます。
しかし、布地に入り込んでしまった皮脂はただ洗濯をしただけでは落としきれないケースも少なくありません。


洗濯をしても臭いが気になるのであれば、酸素系漂白剤を使った漬け置き洗いをおすすめします。
漂白剤は弱アルカリ性なので、酸性の皮脂汚れと結合することで分解してくれるのです。
漂白剤の効果を最大限に発揮するためには、40℃のお湯に30分間浸け込むことがポイントになります。
その後、いつものように洗濯をすれば皮脂汚れを落とすことができ、加齢臭対策にもなるでしょう。

加齢臭を発する本人に対する対策も必要


加齢臭対策をするためには、加齢臭を発している本人も意識して生活を改善していく必要があります。
本人が行うべき対策にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

適度な運動をする


加齢臭は、脂肪が蓄積することによって生まれる脂肪酸が増えても発生しやすくなります。
運動不足だと実感している場合は、水泳やウォーキングなど無理のない有酸素運動から始めてみると良いでしょう。
脂肪を燃焼できれば脂肪酸も増えにくくなるため、加齢臭を防ぐ効果も期待できるのです。
最初からハードな運動をすると続けられなくなるので、毎日続けても負担にならない程度の運動から始めてみましょう。

食生活を変えてみる


加齢臭対策をするのであれば、皮脂の多い食事を避けるようにしましょう。
肉やチーズなどは皮脂が多いため食べ過ぎないように気を付け、野菜を積極的に摂取するようにしてください。
ビタミンCやビタミンE、クエン酸を含んでいる食材を取り入れると、活性酸素が発生することを抑制してくれるためおすすめです。

どうしても部屋の加齢臭が気になるならサリールを活用しよう


部屋に充満する加齢臭が気になってくると、空気清浄機などを使って臭いを除去しようと考える人もいます。
空気清浄機の導入を検討しているのであれば、大量のマイナスイオンと微量のオゾンを発生させることによって、脱臭効果や集塵効果などが期待できる空気清浄活性器・サリールの導入をおすすめします。


サリールは、マイナスイオンだけではなく、微量のオゾンも発生させています。
オゾンは、私たちの生活の中で気になる臭いの元から分解してくれるため、部屋に充満した加齢臭対策としても効果を発揮してくれるのです。
一般的な空気清浄機であっても脱臭効果が備わっているものがありますが、あくまでもメインは空気清浄が目的なので、脱臭効果はそこまで期待できないケースも少なくありません。
そのため、部屋に充満した加齢臭対策として満足な効果が得られない可能性もあります。


そのようなことを踏まえて考えてみると、大量のマイナスイオンと微量のオゾンを発生させるサリールの方が部屋に充満している加齢臭対策として有効だと言えるのです。
また、お風呂やトイレ、キッチン、玄関などの嫌な臭い対策としても有効なので、サリールの導入による効果はかなり実感しやすいでしょう。
もしも、様々な対策をしてみても、部屋に充満した加齢臭が気になり続けているという場合は、サリールの導入もぜひ検討してみてください。


加齢臭は、ただ体から発せられるわけではなく、加齢臭を放つ人がいる空間にも充満してしまいます。
そのため、部屋に加齢臭が充満してしまい、その臭いがきになってしまう可能性もあるのです。


部屋に充満した加齢臭対策には色々な方法があるため、思い当たる原因を1つずつ改善していくことが重要になります。しかし、それでもなかなか改善しないケースもあります。
そのような時は、大量のマイナスイオンと微量のオゾンを発生させることによって脱臭効果も期待できるサリールをぜひ導入してみてください。
オゾンの効果で臭いの元を分解してくれるため、今まで気になっていた臭いが気にならなくなるでしょう。

関連記事一覧