コラム

洗濯物の臭いを取る方法

洗濯をしても嫌な臭いが残ってしまい、気になった経験があるという人は多いかと思います。
洗剤を変えてみたり干し方を工夫したりしても、洗濯物から発せられる嫌な臭いはなかなか解決できません。
しかし、厄介な洗濯物の臭いを取る方法はいくつかあります。
今回は、なかなか落ちない洗濯物の気になる臭いを取る方法についてご紹介していきましょう。

洗濯物の臭いの原因とは?

洗濯物の臭いは、何も原因がなければ発生することはありません。
臭いが気になるということは、何らかの原因が必ず存在しています。
まずは、洗濯物の臭いの原因について考えられるものを挙げていきましょう。

雑菌が繁殖している

洗濯物の臭いは、雑菌の繁殖によって引き起こされている可能性があります。
菌は私たちの周りにたくさん存在していますが、菌自体が臭いを発しているわけではないのでそこまで気になりません。
菌が臭いを発するのは繁殖する時です。

つまり、洗濯物に付いた雑菌が繁殖することで嫌な臭いを発していると言えます。
なぜ洗濯物の付いた雑菌が繁殖してしまうのかというと、汚れが綺麗に落ちていない、湿気が多い場所で干しているといった原因が考えられます。

部屋干し

洗濯をしても全ての汚れが落ちていなかったり、汚れたまま放置する時間が長くなってしまったりすると雑菌の繁殖を助長されてしまうのです。
特に部屋干しの場合は乾くまでのスピードが遅くなってしまうため、より雑菌が繁殖しやすくなります。
そのため、部屋干しの方が臭いが気になりやすくなるのです。

汚れの変質によって嫌な臭いが出てくることも

雑菌が繁殖する以外にも、洗濯物から嫌な臭いがしてくる場合があります。
それは、汚れの変質によって発生する臭いです。
例えば、皮脂汚れが酸化することで臭いが発生します。


洗濯をしっかりしたつもりでも、皮脂汚れが残ったままだと嫌な臭いが発生してしまうのです。
タオルや枕、下着など肌に直接触れるものから嫌な臭いがする場合は、皮脂汚れが変質して臭いを発している可能性が高いので、皮脂汚れ対策を取り入れましょう。

洗濯物の臭いを取る方法はあるの?

洗濯物の嫌な臭いが発生してしまう原因について前述しました。
では、そんな洗濯物の臭いを取る方法はあるのでしょうか?
続いては、洗濯物の臭いを取る方法にはどのようなものがあるのかご紹介していきます。

しっかりと洗濯する

洗濯物の臭いが気になる場合は、まず洗濯の方法を見直すことが重要なポイントです。
例えば、お湯で洗濯をすると洗浄力が高まります。

約40℃のお湯にすることで漂白効果が高まったり、皮脂汚れが溶け出しやすくなるなどの効果が期待できます。
また、洗剤に含まれている酵素が働きやすくなるという効果も期待できるので、約40℃のお湯で洗濯ができれば臭いも防げるようになるでしょう。
また、残り湯を使った洗濯も問題がないのですが、すすぎまで残り湯を使ってしまうと雑菌が洗濯物に残ってしまう原因になるので、残り湯は洗濯までにしておきすすぎからは水道水を使うようにしましょう。

洗濯物の量は適量にする

洗濯をする目的は汚れを落とすことです。
洗濯槽の7分目程度を目安にして洗濯をすると、汚れが落ちやすくなります。

洗濯物の量が少なすぎると洗濯物にかかる負担が大きくなってしまうため汚れが落ちにくく、逆に洗濯物の量が多すぎると洗濯物が動かなくなり汚れが落ちにくくなってしまいます。
つい詰め込んで洗濯をしがちですが、汚れをしっかりと落とすためにも詰め込みすぎないように気を付けましょう。

洗浄力の高い漂白剤を使用する

皮脂汚れが原因の嫌な臭いを防ぐためには、弱アルカリ性粉末洗剤の使用がおすすめです。

酵素入りの洗剤であればより皮脂汚れを落としやすくなります。
部屋干しをすることが多い場合は、部屋干し用の洗剤を使ってみると良いでしょう。

洗濯後に早く乾かすことも臭いを防ぐために必要

臭いの原因となる雑菌は、湿気が多いと繁殖してしまいます。
そのため、できるだけ濡れた状態が長く続かないように脱水を長めにしたり、干し方を工夫したりすることで洗濯物の臭いを防げる可能性が高まります。
洗濯物を干す時には、風の通り道を作ることが重要なポイントです。

洗濯物同士の間隔を空ける、ズボンを裏返してポケットを表に出して干すなど、ちょっとした工夫で早く乾かすことができます。
また、送風機などを使って風を送るとより早く乾きやすくなります。
洗濯物を部屋干しするのであればリビングがおすすめです。
なぜかというと、リビングのように皆が集まる空間は空調管理がしっかりされているので、効率良く洗濯物を乾かせるでしょう。

このような工夫をすることによって、洗濯物の臭いを防げるのでぜひ実践してみてください。

洗濯物の臭いをそもそも予防することはできるの?

ここまでは、洗濯物の臭いの原因は何か、洗濯物の臭いを取る方法はあるのかについてご紹介しました。
臭いは取り除くだけでなく、予防することも可能です。
続いては、洗濯物の臭いを予防する方法についてご紹介していきましょう。

洗濯機を掃除する

洗濯機の掃除を定期的にしているという人はどのくらいいるでしょうか?

本来であれば定期的な掃除をすることが望ましいのですが、なかなかできていないという人も多いでしょう。
ここまでに紹介した方法を実践していてもなかなか洗濯物の臭いが取れないという場合は、洗濯機の掃除をした方が良いです。

洗濯物を溜め込まないようにする

洗濯物を汚れたまま長時間放置してしまうと雑菌はどんどん繁殖してしまいます。
そのため、洗濯物はできるだけ早く洗濯するようにしましょう。
洗濯物はすぐ洗濯しているという人も少なくありませんが、雑菌の繁殖はかなり早いです。
例えば、夜お風呂に入る時に脱いだ洗濯物を一晩放置して翌朝洗濯をするというサイクルでも雑菌は繁殖してしまいます。
特に夏場の汗をたくさん含んだ洗濯物であれば、きちんと洗濯をしてもなかなか臭いが取れなくなってしまうでしょう。

もしも洗濯まで時間が空いてしまう場合は、下洗いをしておくことをおすすめします。
下洗いといっても面倒なことはなく、シャワーで流すだけでも構いません。
少しの工夫で洗濯物の臭いを防ぐことができるのです。

洗濯物の臭いは、このような方法で予防することができます。
定期的に洗濯機の掃除をしたり、洗濯物が出たらできるだけすぐに洗うようにしたりするだけで予防できるので、洗濯物の嫌な臭いが気になる場合は取り入れてみてください。

洗濯物の臭いが気になるなら、サリールを利用してみませんか?

洗濯物の臭いを取る方法で悩む人は多いですが、洗濯だけではなかなか解決できない場合にはサリールの導入がおすすめです。
ここまででご紹介した方法でも嫌な臭いを取ることや防ぐことはできますが、なかなか実践できないという人もいるでしょう。
そのような人にこそ、サリールがおすすめだと言えます。

サリールは、大量のマイナスイオンと微量のオゾンを発生させる空気清浄機です。
サリールから放出されるイオンのパワーで、嫌な臭いを脱臭することができます。
洗濯物の臭いは生乾きで雑菌が繁殖しているケースが多いので、雑菌にアプローチできるような対策を取る必要があります。
サリールからはマイナスイオンだけでなく微量のオゾンも発生しているのですが、オゾンは臭いの原因となる物質を酸化させ、分解してくれる効果を持っています。

Salir Hyperお問い合わせはこちら

分解されると臭いの原因物質がただの酸素になってしまい、嫌な臭いが消えるのです。
臭いの原因を元から消せるので、洗濯物の臭いが気になる人にはぜひ取り入れたくなるアイテムです。

梅雨の時期や台風が多い時期は特に湿気が多いので、洗濯物の臭いが気になってしまう人も多いでしょう。
洗濯物の臭いを取る方法を知りたいと切実に感じている人もいるはずです。


大量のマイナスイオンと微量のオゾンを発生させるサリールを使用すると、マイナスイオンとオゾンのパワーで、洗濯物の嫌な臭いを防ぐ効果も期待できます。


もしも、洗濯物の臭いを取りたいとは思うけれど、今回紹介したような方法を実践することが難しいという人は、ぜひサリールを導入してみてください。
そうすることで、これまで悩んでいた洗濯物の臭いを取ることができるため、悩みを1つ減らせるでしょう。
また、サリールは洗濯物の臭いだけではなく生活臭の消臭にも効果を発揮してくれるので、室内の気になる臭いを脱臭したいと考えている人にもおすすめです。

洗濯物は洗濯の方法や干し方によって、嫌な臭いが発生してしまいます。
しかし、どのような原因で臭いが発生するのか、どうすれば臭いを取れるのか、洗濯物の臭いは予防できるのかを知ることができれば、臭いを防ぐことも可能です。

Salir Hyperお問い合わせはこちら

また、大量のマイナスイオンと微量のオゾンを発生させる空気清浄機・サリールを導入することによって、効果的に洗濯物の臭いなどが防げます。
嫌な臭いに困っている方は、ぜひサリールを取り入れてみましょう。

関連記事一覧