コラム

ダニアレルギー 布団 対策

ダニアレルギーのための布団対策~それ本当に効果的?!

布団に入った時に体のかゆみを感じたり、鼻が詰まったりといった、ダニアレルギーの症状に悩まされている人も少なくないでしょう。

ダニアレルギーの症状を抑えるためにはどうすれば良いのか、調べれば調べるほど様々な情報が出てくるため、どれが本当に効果的な方法なのか悩んでしまう人もいます。

そこで今回は、布団のダニアレルギー対策にオススメの方法をご紹介していきましょう。

布団はダニにとって絶好の住処となる

ダニ

ダニは、温かくて適度に湿度がある場所を好みます。
そのため、布団はダニが好む環境だと言えるでしょう。

また、布団にはダニのえさとなる人間のフケや垢もたくさん落ちているので、ダニにとって幸せな環境になっているのです。
目で見ることができないため、どのくらいのダニが住み着いているか分かりませんが、数十万匹~数百万匹ものダニがいるとも言われています。

ダニ大量

さらにダニは一生のうちに200個~300個ほどの卵を産むため、ダニの駆除をしない限り完全に死滅することはありません。
ダニがずっと住み着いている布団には、ダニの死骸や糞もあります。

喘息

それらを長期間に渡って吸い込み続けていると、ダニアレルギーや喘息などのアレルギー性疾患を引き起こす可能性が高くなってしまうので、ダニを増やさないようにしたり、こまめに駆除したりしましょう。

布団に住み着いているダニの90%以上がヒョウダニというダニです。
ヒョウダニの死骸や糞には、システインプロアーゼというアレルギーの原因だと言われている酵素が含まれています。

ダニ死骸糞

ヒョウダニは人の血を吸わないので増えていることに気付きにくいという特徴もあります。
また、ヒョウダニが増えてしまうと、ヒョウダニをエサにするツメダニという血を吸うダニも増えてしまうので要注意です。

普段行っているダニ対策は本当に効果的?

迷う

布団に住み着いたダニを駆除するために、様々な方法があります。
続いては、ダニを駆除するための対策がどれくらい効果があるのか見ていきましょう。

布団を叩いてダニを振り払おうとする

布団

布団を干す時に、ついつい叩いてしまいがちです。

しかし、布団に住み着いているダニは、ハサミのような手で布団内の中綿をしっかりと掴んでおり、叩いても振り払うことはできません。

逆に、叩くことによってダニの死骸や糞が表面に出てくる原因となり、肌に付着しやすくなってしまうため、アレルギーを引き起こす可能性が高くなってしまうのです。
既にアレルギー症状が出ているのであれば、布団を叩いてダニを振り払おうとする行為は避けましょう。

布団を天日干しする

天日干し

布団の天日干しは、ダニを駆除するために効果的な方法だと思っている人が多いでしょう。
天日干しをして紫外線を浴びさせることによって、ダニが死滅すると思われているのですが、実は紫外線でダニが死滅することはありません。

ただし、天日干しによって布団内の湿度を下げることができるため、ダニの活動を低下させることは可能です。
したがって、ダニの繁殖を抑えることができるのです。

ダニを完全に死滅させることはできませんが、ダニの活動を抑えられるというメリットはあるので、布団の天日干しは全く意味がないということではありません。

掃除機や布団クリーナーを使う

布団のダニを除去しようと考えた時に、掃除機や布団クリーナーを使うという方法を取り入れるケースもあります。

しかし、前述したようにダニはハサミのような手で布団内の中綿をしっかりと掴んでいるため、生きているダニを除去することはできませんが、アレルギーの原因となるダニの死骸や糞を取り除くことはできるため、こまめに掃除機や布団クリーナーを使うことの意味はあるでしょう。

掃除機

普段の生活の中でこのような対策を実行している人は多いはずです。
しかし、生きているダニを除去できなければ、アレルギーの根本的な原因を排除できていないことになってしまうので、アレルギー症状が継続してしまう可能性が高いと言えます。

布団をダニの住処にしないためにはどうすればいいのか?

きれいな布団

これまでに良かれと思ってやってきた対策が、実は生きているダニに効果がなかったと言われてしまうとショックを受けてしまうでしょう。
では、布団をダニの住処にしないために、どのような方法が効果的なのかご紹介します。

高温でダニを死滅させる

ダニ死滅

ダニは、高温になると死滅します。
そのため、衣類用乾燥機布団乾燥機などを使って布団を高温状態に保つことによって、ダニを除去できるのです。

衣類用乾燥機は、80度~120度まで加熱できます。
ダニは、60度以上になると死滅すると言われているので、コインランドリーにある衣類用乾燥機を使えば、かなり高いダニの駆除効果が期待できるでしょう。

乾燥機

しかし、羽毛布団は羽毛が傷んでしまう可能性が高いため、洗濯表示を確認してから衣類用乾燥機を使用するようにしてください。
布団乾燥機も衣類用乾燥機と同じように、高いダニの駆除効果が期待できます。

布団クリーニングに出す

クリーニング

自宅で様々な方法を試すのが面倒だと感じる場合は、布団クリーニングに出しましょう。
布団クリーニングでは布団の丸洗いと高温乾燥ができるため、ダニ駆除にも効果的です。

だたし、高温乾燥や加熱処理を行っていない業者もあるので、どのような布団クリーニングを行っているのか事前に確認しておく必要があります。

クリーニング

クリーニング業者の中には、自宅まで引き取りに来てくれるといったサービスを行っている場所もあります。
そのようなサービスを活用すれば、布団をクリーニング店まで持ち込む手間が省けるので楽だと感じられるでしょう。

布団をダニの住処にしないような対策を行えば、アレルギー症状を抑えることができます。
自分ではなかなか難しいと感じるのであれば、ぜひ布団クリーニングも活用してみてください。

ダニを増やさないための対策も実践してみよう

掃除

ここまではダニを駆除するための対策をご紹介してきました。
ただ、いくら除去していてもダニは予防しなければまた増えてしまいます。

どうしても発生してしまうダニを増やさないために、知っておきたい対策方法をご紹介しましょう。

生活環境を整える

換気

布団のダニを増やさないためには、ダニが住み着きにくい生活環境にすることも重要なポイントになります。

例えば、

  • 部屋の換気をこまめにして部屋の湿度を下げる工夫をする
  • 部屋の掃除はこまめにする
  • カーペットを使わないようにする

といったものです。

できるだけ湿気が籠もらないようにすると、ダニの活動が活発になるのを防げるので意識して空気の入れ替えをしましょう。

布団を清潔な状態に保つ

布団はダニの住処として絶好の場所です。
そのため、ダニが住み着かない布団にしなければいけません。

ダニが住み着かないようにするためには、こまめに天日干しをする、布団クリーナーをかける、クリーニングに出す、シーツやカバーをこまめに洗濯するといった工夫が必要になります。

クリーニング

布団は、私たちの生活の中で必ず必要なものです。

毎日使うものではありますが、これまでにあげたダニの除去や繁殖予防をしないと、ダニの住処として絶好の場所となってしまい、アレルギー症状を引き起こす可能性が高くなってしまいます。

ダニアレルギーで悩まされているという人は、今回紹介した対策を実践し、ダニが繁殖しないように手入れをしてみてください。
そうすることで、ダニアレルギーの改善へと導いていくことができ、快適な毎日を送れるようになるでしょう。

関連記事一覧