サリールハイパーについて

シックハウス対策に空気清浄機は有効か?

シックハウス症候群は、新築の家で発症するケースが多くなっています。
建材に含まれている物質が原因となり、頭痛やめまいがするといった症状が表れます。

メディアなどで話題になった時期もあるため、シックハウス症候群がどのようなものか知っている人も多いでしょう。

シックハウス症候群対策として空気清浄機を導入することが多くなっていますが、空気清浄機だけでは原因となる物質を全て取り除くことはできません。

今回は、辛い症状が表れるシックハウス症候群対策として有効な方法とは一体何か見ていくことにしましょう。

シックハウス症候群とは?

シックハウス症候群の対策を紹介する前に、シックハウス症候群とはどのようなものか振り返っておきましょう。

シックハウス症候群は、新築の家などで起こる体調不良の総称です。

  • 倦怠感や頭痛
  • めまい
  • 失神
  • 呼吸器疾患
  • のどの痛み

といった不調が表れます。

新築の家だけではなく、新車でも同じような症状が報告されていることから、シックカー症候群と呼ばれることもあります。

シックハウス症候群の原因は、家を建てる時に使われる接着剤や塗料に含まれるホルムアルデヒドなどの有機溶剤、白アリなどの食害を防ぐために使われる防腐剤から発生する揮発性有機化合物だと言われています。

しかし、揮発性有機化合物だけではなくカビや微生物による空気汚染もシックハウス症候群の原因になり得るため、一概に揮発性有機化合物が原因だと言い切ることはできません。

シックハウス症候群を防ぐためには、原因となる物質を減らすことが大きなポイントになります。

場合によっては、私たちが普段使っている殺虫剤や香料が原因になってしまう可能性もあるので、意識して換気を行い、常に綺麗な空気を室内に取り込むようにしましょう。

シックハウス症候群の有効な対策方法とは?

シックハウス症候群は、きちんと対策を取れば防げる可能性が高くなります。
続いては、シックハウス症候群の有効な対策方法をご紹介しましょう。

換気

換気扇

シックハウス症候群対策として最も有効な方法は、換気をしっかりと行うことです。

近年の新築住宅は、アルミサッシ窓を用いているため、非常に気密性が高くなっています。
そのため、1日中窓を閉め切った状態になっていると、室内にシックハウス症候群の原因となる化学物質が蔓延した状態になっている可能性が高くなってしまうのです。

そのような状態の部屋で過ごしていると、倦怠感や頭痛、めまいなどのシックハウス症候群の症状が表れやすくなります。

倦怠感

しかし、定期的に換気を行ったり、備え付けられている換気扇を回したりしていれば、空気が循環して綺麗な状態を保ちやすくなるため、シックハウス症候群を防げる可能性が非常に高くなります。

したがって、換気をしっかりと行うことはとても大切なのです。

カビやダニの対策

掃除

カビやダニ、微生物もシックハウス症候群の原因となります。

そのため、シックハウス症候群対策を講じるのであれば、こまめに掃除をしてカビやダニ、微生物が増えないようにすることも大切です。

湿気が溜まりやすい押し入れにも風邪を通すようにしたり、水回りは水気をしっかりと拭き取って湿気がこもらないようにしたりすると、カビが増えることを防げます。

お風呂掃除

また、空気清浄機を使ってカビやハウスダスト、花粉などのアレルギー物質を除去することもシックハウス症候群対策として有効です。

しかし、空気清浄機の場合は化学物質の除去にはそこまで大きな効果が期待できないため、空気清浄機だけに頼るのではなく、換気も行うことをおすすめします。

観葉植物を置いて空気を浄化する

観葉植物

観葉植物には、空気の中に浮遊している有害物質と二酸化炭素を一緒に吸収してくれるという効果が期待できます。

観葉植物の中でも、サンセベリアやポトスなどは空気の浄化能力が高いと言われているのでおすすめです。

6畳の部屋に大きめの鉢を1つ程度置くというイメージで観葉植物を設置してみてください。

生活のスタイルに気を付けることも大切

部屋

換気や掃除などもシックハウス症候群対策として有効だと言われている方法です。
しかしそれだけではなく、日頃の生活スタイルに気を付けることも大切なポイントになります。

私たちが普段使っている日用品にも化学物質が潜んでいるからです。

家具に使われている接着剤やカーテンに使われている難燃剤、防虫剤、殺虫剤、床を綺麗にするワックスなども化学物質が発生する元になります。

床

そのため、日頃から化学物質が少ない製品を使うようにしたり、使う場合は換気を行ったりしましょう。

もしも、化学物質は多く使われている製品を多く使っている場合は、生活のスタイルを見直してみる必要があります。

シックハウス症候群対策の空気清浄機ならサリールがおすすめ

サリールハイパー詳細ページへ

シックハウス症候群対策として、空気清浄機を導入する人も少なくありません。

しかし前述したように、空気清浄機を使って化学物質の除去をすることはできません。
そのため、空気清浄機と換気を組み合わせなければ対策として有効ではなくなってしまいます。

そこでおすすめの製品があります。
それが、豊富なマイナスイオンと少量のオゾンを発生させるサリールです。

サリール 比較

サリールは、マイナスイオンとオゾンの効果によって、除菌効果、脱臭効果、集塵効果、消煙効果を持つという魅力的な製品です。

シックハウス症候群対策には、サリールが持つ集塵効果が役立つでしょう。
シックハウス症候群の原因となる化学物質やハウスダスト、ダニなどはいくら掃除をしていても発生してしまいます。

それらは埃として室内に溜まってしまうのですが、埃の中には1gあたりおよそ100万個ものカビの胞子やおよそ3000匹ものダニが潜んでいると言われているのです。

ほこり

掃除機や空気清浄機で吸いこんだりして埃やハウスダストを除去するという人が多いと思いますが、それでは掃除機の中や空気清浄機のフィルターを掃除する時に舞ってしまうため、意味がなくなってしまいます。

また、化学物質は掃除機や空気清浄機では吸い込めないため、室内を浮遊し続けるのです。
上記でご紹介してきたように換気も必要ですが、常に換気できない場合もあるでしょう。

そのような時にサリールを部屋に置くことによって、サリールから放出されるマイナスイオンが静電気のように埃を集め、オゾンによって埃や化学物質まで分解してくれます。

ただ埃やハウスダストを集めるだけではなく分解できるのは、マイナスイオンとオゾンを放出しているサリールならではの効果です。
化学物質に対しても同じような効果を発揮してくれるため、サリールの導入はシックハウス症候群対策としても有効だと言えるでしょう。

キッチン

シックハウス症候群は、倦怠感や頭痛、めまい、失神、呼吸器疾患、のどの痛みといった不調をもたらしてしまうため、できれば防ぎたい疾患です。
ただ、換気やこまめな掃除が難しいという人もいるため、簡単に防ぐことができないケースもあります。

空気清浄機で対策をしようと考える人もいますが、空気清浄機では化学物質まで除去しきれません。

しかし、豊富なマイナスイオンと少量のオゾンを発生させるサリールであれば、ハウスダストやダニ、花粉、化学物質にも効果が期待できる集塵効果を持ち合わせています。

そのため、シックハウス症候群対策をどうすれば良いのか悩んでいるのであれば、サリールの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

サリールハイパー詳細ページへ

関連記事一覧