サリールハイパーについて

ペットを飼う女性

サリールはペットと暮らす方にもおすすめです

ペットを飼っている方の中には、部屋の中のニオイが気になっていて対策したいと考えている方もいらっしゃるかと思います。
また、ペットがいる環境に慣れていて部屋のニオイに気が付かないという方もいらっしゃるかもしれません。

ペットがいる環境でニオイ対策を行うとなると、ペットや人間にも悪影響を与えないような方法で消臭するのがベスト。

今回は、ペットがいると部屋のニオイがキツくなってしまう原因と、安心・安全に消臭するための方法についてご紹介しましょう。

ペット臭の原因とは?

部屋の嫌なニオイ

まずはペットがいるとなぜニオイが気になってしまうのか、その原因についてご紹介していきます。
ペット臭の原因と言っても様々なタイプがあり、それぞれペットによっても異なります。

それぞれのペットが持つ体臭

最近では、昔から愛されてきた定番ともいえる犬や猫の他にも、様々な種類の動物をペットにされている方も多くなっています。
それぞれのペットには人間の体臭と同様に、汗腺による影響などでどうしても体臭が出てきます。
汗腺については犬を例にとってご紹介していきましょう。

汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類存在しています。
エクリン腺は足の裏にあり、サラサラとした水分のみの汗が分泌されます。
一方、アポクリン腺は体全身に備わっており、そこからは水分以外にもたんぱく質や脂質、アンモニアなどが含まれています。

犬の性的アピール
汗のニオイはフェロモンでもあり、犬が性的アピールをするためにも必要なものなのですが、この汗がそのままになって酸化や常在菌による分解が始まると、強い体臭を発してしまいます。
このように、動物のフェロモンでもある汗ですが、それによってどうしてもそれぞれの動物ごとに発せられる体臭が強まってしまうのです。

口臭

犬や猫を飼っている方で、歯磨きもきちんと行っているという方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?
特に猫を飼っている方は、歯磨きをさせていないという方が多いと思われます。

しかし、犬や猫であっても、当然人間と同様に動物でも歯垢・歯石は溜まってきます。
歯周病になる可能性もあるので、十分注意してあげなくてはいけません。

トイレ

ペットのトイレのニオイ
ペットのトイレは部屋の中に設置しているという方が多いのではないでしょうか?
人間のトイレと同じように個室でさせることも難しいですし、ペットがいることの多いリビング・廊下などに設置することが多いため、部屋だけでなく家の中全体にペットのトイレ臭が充満してしまうこともあるでしょう。

このように、ペットのニオイは様々なものが原因となって部屋に染み付いてしまうのです。
特に、ペットのトイレはしっかりと消臭しておかないと、すぐに部屋の中にニオイが充満してしまうことでしょう。

ニオイケアを行うには?

気になるペットのニオイですが、ペット自体のニオイを抑えられるようにすることと、部屋に染み付いたニオイを消臭していくことが対策として必要です。
ペットのニオイを抑えるためには、第一にいつも清潔で健康的な体を保っておく必要があります。
例えば、犬の場合は定期的にシャンプーを行ってあげるようにしましょう。

シャンプーされる犬
ただし、毎日シャンプーをすることもあまりよくありません。

犬は3週間に1回を目安に、新陳代謝によって古い皮膚から新しい皮膚へと生まれ変わります。
洗いすぎてしまうとバリア機能が失われてしまい、皮膚炎などの炎症を引き起こしてしまう可能性があります。
そのため、洗いすぎないよう犬は3週間に1回ペースでシャンプーを行った方が良いでしょう。

一方、猫は水が苦手であるためシャンプーを嫌ってしまうことが多いです。
そもそも猫は犬に比べると体臭はそれほどキツくないため、犬よりもシャンプーする頻度は抑えていても良いでしょう。
しかし、それでも体臭がないわけではないので、そういった場合はシャンプーではなくブラッシングを行うべきです。

ブラッシングされる猫
ブラッシングをするとホコリや汚れを取り除けますし、同時にグルーミング・ブラッシング用のスプレーを使うと体臭も抑えられます。
なるべく毎日ブラッシングをしてあげるようにしましょう。

ペットのニオイとしてもう一つ気になるところが、肛門嚢です。
犬や猫には肛門嚢という場所があるのですが、たまにペットが床に肛門を擦り付けたり、肛門周辺を舐めたりします。

こういった行為が見られ、なおかつ肛門周辺のニオイが特にキツいという場合は肛門腺絞りを行いましょう。
肛門腺絞りとは、肛門腺に詰まってしまった分泌物を手で絞ってあげて排出させる行為です。
誰でもできるものですが、不安な方は動物病院やトリミングサロンで行ってもらうようにしましょう。

部屋のペット臭を消すならサリールがおすすめ

ペット自体のニオイを抑えられたら、後は部屋のペット臭を消すことを考えていきましょう。
ただ、部屋のペット臭はカーテンや壁紙などの家具に染み付いている可能性が高く、全て消臭させることはなかなか難しいです。

消臭スプレーをかける女性
まずは部屋の空気を定期的に入れ替えるために換気を行うようにしてください。
洗濯できるものは洗濯した方が良いのですが、壁紙となると洗濯もできず、消臭スプレーをかけても再びニオイが元通りになってしまうケースが多いです。
染み込んでいるニオイの元を分解させる必要があります。

そこでおすすめなのが、サリールという空気清浄活性器です。
サリールはこれまでの空気清浄機とはどんな違いがあるのでしょう?

サリールと空気清浄機との違い

サリールハイパー

空気清浄機は各家電メーカーからも発売されており、マイナスイオンなどの力を使って空気清浄を行ったり、部屋の消臭効果につながる働きをしてくれるものもあります。
これまでの空気清浄機は周囲にある空気を取り込んで中のフィルターを通し、汚れやニオイの元となる成分が除去された空気を部屋に放出させる仕組みになっていました。
しかし、これだと壁紙やカーテンなどの布に染み付いたニオイは取ることができません。

サリールの場合、これまでの空気清浄機とは違い、高電圧をかけることで大量のマイナスイオンと微量のオゾンを含んだ電子風を発生させます。
このマイナスイオンが空気中のニオイの元となる成分をまとめ、オゾンが分解してくれるのです。
しかも、マイナスイオンとオゾンは空気中だけでなく布の中にも入り込むことができるため、壁紙やカーテンに染み付いたニオイも取り除くことができます。

Salir Hyperお問い合わせはこちら

ニオイ対策だけに留まらない、サリールの効果

サリールはニオイ対策にも優れた効果を発揮してくれますが、ニオイ対策だけが効果として表れるわけではありません。
例えば、大量のマイナスイオンが放出されることにより、まるで森林の中にいるようなリラックス環境を作る効果が期待できます。
これは、マイナスイオンが体内に取り込まれることによって交感神経を穏やかにさせ、安眠や鎮痛、血圧を降下させるなどの働きをしてくれるためです。

森林浴効果
家の中にいてもなぜかイライラしてしまうことが多いという方は、サリールを活用してみても良いでしょう。
また、オゾンはニオイ成分を分解するだけでなく、殺菌・消毒効果にも期待できます。
空気清浄機ではこのような効果はなかなか期待できませんが、微量オゾンを放出させられるサリールだからこその働きと言って良いでしょう。

Salir Hyperお問い合わせはこちら

サリールはペットがいる環境でも安心・安全に使える?

サリールの効果についてご紹介してきましたが、マイナスイオンはまだしもオゾンが放出されているので、安心・安全に使えるのか不安に感じる方も多いでしょう。
高濃度のオゾンはペットだけではなく、人間にも悪影響を及ぼしてしまうのですが、微量であれば全く問題ありません。

サリールからはごく微量のオゾンしか放出されていないため、人間もペットも安心・安全に使えるのです。
もちろん、微量であってもしっかりと消臭効果は得られるようになっています。


ペットと一緒に暮らしていると自分自身ではなかなかペットのニオイに気が付きません。
しかし、他の人からはペット臭がキツいと思われているかもしれないのです。

サリールはそんなペットと暮らす方におすすめの商品となっています。
ペット臭が染み付いた壁紙やカーテンにも、マイナスイオンとオゾンの力でしっかりニオイの元を取り除いてくれます。
リビングに設置してもインテリアの一部として置けるようなオシャレさも、嬉しいポイントだと言えるでしょう。

ぜひ、現在ペットを飼っている方からこれから飼いたいと考えている方も、ペットのニオイ対策として安心・安全に使用できるサリールを取り入れてみてはいかがでしょうか?

Salir Hyperお問い合わせはこちら

関連記事一覧