サリールハイパーについて

オゾン

効果的にオゾンを発生させるサリールハイパー

感染予防やニオイ予防に加湿器や空気清浄機を使用している家庭・施設は多いでしょう。
しかし、本当に効果を発揮しているのか疑問に感じる人もいます。
そんな時におすすめなのが、高濃度のマイナスイオンと適度な量のオゾンを発生させる「サリールハイパー」です。
感染予防やニオイに対しても高い効果を発揮することが期待されています。

今回は、サリールハイパーによってどういった効果を得られるのか解説すると共に、知られざるオゾンの魅力についても迫っていきましょう。

オゾンはどういった性質を持っているのか?

オゾンと聞くと「オゾン層」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?
太陽からの紫外線をオゾン層が吸収することで、地球に住んでいる人々を守ってくれています。

しかし、フロンガスの発生によってオゾン層が破壊され地球に届く紫外線の量が増えることが問題視されています。
皮膚ガンや白内障を引き起こしたり動植物や気候にも影響が出るなど、学校で学んだ記憶もあるでしょう。

オゾン層
そんなオゾンは大気中に自然に存在している物質です。
日差しの強い海岸では0.03ppm~0.06ppm、森林では0.05ppm~0.08ppm程度の濃度のオゾンが観測されます。
市街地であっても0.01ppm~0.03ppmほどのオゾンが観測できるのです。
そんなオゾンは目では確認することができない物質です。
そのため、機械を使用して測ることしかできないと思われがちですが、ニオイによって確認することもできます。
オゾンは嗅ぐことを意味するギリシャ語の「ozein」が語源となっており、独特の香りがあります。

オゾンは危険?

オゾンと聞いて危険なのではないか?と不安視する声もあります。
確かに、オゾンの濃度が高くなることで人体には悪影響があると言われています。
例えば、オゾン濃度が0.1ppmになるとニオイが気になり鼻や喉に刺激を感じてきます。

0.2ppm~0.5ppmのオゾン濃度では3~6時間程度さらされることで視力の低下を招くとも言われています。
その他にも、喘息発作の回数が増加したり頭痛や胸部痛を引き起こすことも。
濃度の高いオゾンを吸うことで呼吸困難や最悪の場合は死に至るにこともあり、多量のオゾンは危険だと分かります。

しかし、これはあくまで濃度の高いオゾンの中にいた時だけに感じられる現象です。
そもそも先程ご紹介したように、オゾンというのは大気中に存在している物質で、市街地でもオゾンを観測されます。
微量で問題のない範囲であれば、健康に影響を与えることもないので不安を感じる必要はありません。


日頃の生活に欠かせない水も同じことが言えるでしょう。
水は人が生きるためになくてはならないものですが、多量に摂取することで水中毒を起こします。
塩や醤油などの調味料も毎日大量に摂取していれば体を壊します。
それと同じように、オゾンも濃度が高いことで悪影響を及ぼしますが、適量であれば問題なく過ごすことができます。

オゾンには魅力的な効果がたくさんある

オゾンには魅力的な効果が多いと言われています。
具体的なオゾンの効果をご紹介していきましょう。

除菌・殺菌効果

菌
オゾンには酸化力があるので除菌効果を発揮します。
家の中でカビやダニを気にしたことはありませんか?

特に梅雨の時期にはジメジメとした気候で家の中がカビ臭くなったり、窓や壁にカビが発生するなど快適に暮らすことができなくなってしまいます。
しかし、オゾンが発生することで細菌やウイルスの働きが弱まり死滅するので、梅雨の時期でも快適に過ごすことができるのです。

脱臭効果

トイレ
ペットを飼っている家庭ではペットのニオイを気にすることも多いでしょう。
また、トイレや玄関など、ニオイが発生しやすい空間に芳香剤や脱臭剤を使用する方も多いです。
しかし、ニオイの元がなくならない限りニオイは再び発生してしまいます。
そんな時にオゾンは有効なのです。
オゾンには脱臭効果があり、ニオイの元からなくす効果があるので様々なニオイから自宅を守ってくれるでしょう。

オゾンが除菌や脱臭をする仕組み

なぜ、オゾンに脱臭や除菌、殺菌効果があるのか不思議に感じる人もいるでしょう。
その仕組みを理解するためにもオゾンの分子式を見ていきましょう。
オゾン
オゾンの分子式はO3です。
酸素(O2)と酸素原子(O)から構成されており、極めて反応性の高い物質と言われています。
時間が経過すると共に、安定した酸素に戻ろうとする性質があり、その酸素に戻る際に高い効果を発揮します。

例えば、悪臭の元となる物質が大気中にあった場合、オゾンが酸化分解してニオイの元から消し去ってくれます。
一般的に使用されている芳香剤のように悪臭を違う匂いで包み込んで誤魔化しているわけではないので、オゾンはニオイに対して高い効果を発揮してくれるでしょう。

除菌に関しても、オゾンには細胞膜を破壊する力があります。
細胞膜が破壊されることで細胞は核から溶け出し、菌が死滅することになるのです。
しかも、耐性菌が発生する恐れもなく酸素へ還元されるため、残留性がない点も大きな魅力だと言えるでしょう。

オゾンを発生させるサリールハイパー

上記のように脱臭や除菌、殺菌効果のあるオゾンを発生させるには、どうしたらよいでしょうか。
現在はオゾンを発生させる装置もあり、自宅でも手軽にオゾンを発生させることができます。

しかし、どの装置が良いのか悩む場合も多いかと思います。
もしも迷っているのであれば「サリールハイパー」がおすすめです。

サリールハイパー
サリールハイパーは、高濃度のマイナスイオンと適度なオゾンを発生させる画期的な装置です。
空気清浄機を使用している人の中には、モーターやファンの音が気になる人もいるでしょう。意外に大きい音なので夜中に音が気になって眠れないなどの症状を引き起こすこともあります。
しかし、サリールハイパーはほぼ無音となっているので、音に敏感な乳児のいる家庭でも安心して使用できるでしょう。

また、フィルターもないので消耗品もありません。
パイプ電極を洗うことで何度も使用できるので面倒な手間もありません。


しかし、オゾンを発生させるため危険なのではないかと疑問に思う人もいらっしゃるかもしれません。

オゾンの発生濃度が高ければ人体に影響を与えてしまうのでペットや子どものいる家庭では、設置することに躊躇してしまうこともあるでしょう。

リビング

しかし、サリールハイパーは適度な量のオゾンを発生させる技術が採用されています。
人体に影響のない濃度のオゾンが発生するため、オゾンのメリットだけを得ることができるのです。
タバコのニオイやペットのニオイ、生ゴミのニオイなど、家庭で気になる様々なニオイを元から断つことができるので、快適に過ごすことができます。

そして、ゴキブリやねずみから発せられるフェロモン臭まで分解する効果もあるため、害虫対策としても期待できるでしょう。

オゾンを発生させるサリールハイパーはこんな人におすすめ!

サリールハイパーはニオイや菌を元から断ち切るオゾンを効果的に発生させる装置です。
どのような人にサリールハイパーは向いているのでしょうか?

喫煙者や、喫煙者のいる家庭

喫煙者のいる家庭
喫煙者にとっては問題なく過ごせますが、タバコのニオイは独特なので嫌いな人が多いです。
換気扇の下でタバコを吸う人も多いかと思いますが、吐き出されるタバコの煙によって広い範囲にニオイが届くだけではなく、長い時間ニオイが残り続けます。
しかし、サリールハイパーから発せられるオゾンや高濃度マイナスイオンによって、強いタバコのニオイを元からなくすことができます。

ペットのいる家庭

ペットのいる家庭
ペットを家族として迎え入れている家庭は多いでしょう。
犬や猫だけではなく、ウサギやハムスターなどの小動物や熱帯魚や爬虫類などもいます。

ペットはとても可愛いいものですが、窓やドアを閉め切ってしまうとニオイが篭ってしまうことも。
犬や猫であればトイレを設置してある場所は特にニオイが強いでしょう。

そんな時にサリールハイパーを使用することでペットや、ペットのいる空間から発せられるニオイを脱臭することができます。
ペットへの悪影響もないので安心して利用できるでしょう。

子どもがいる家庭

子どもがいる家庭
子どもは大人と比べて免疫力が低いので病気になるリスクも高いです。
サリールハイパーを使用すると、オゾンによって病気の原因となる菌をなくす効果が期待できます。
大切な家族を守るためにも有効であるため、サリールハイパーは非常におすすめです。

東京都技術開発助成認定や発明特別賞を受賞したサリールハイパーは、適度なオゾンを発生させて脱臭・除菌・殺菌の効果を発揮してくれます。
オゾンは危険であると考えていた人にとっては、驚くべき効果があると言えます。
使用する際にも安心して利用でき、家族の健康や快適に生活するためにも、サリールハイパーは有効です。

サリールハイパーによるオゾンの効果を存分に体感し、健康的な生活を手に入れましょう。

Salir Hyperお問い合わせはこちら

関連記事一覧