サリールハイパーについて

花粉症

サリールはやっかいな花粉症の救世主に?!

春が近づくと花粉が飛散し始めるので、対策をしようと空気清浄機を導入するという方もいるのではないでしょうか?
ただ、空気清浄機は手入れが大変だったり、効果を実感しにくかったりするものもあるので、導入するべきか決めかねているという方も少なからずいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、花粉症対策としても有効なサリールについてご紹介しましょう。

サリールハイパー

Salir Hyperお問い合わせはこちら

花粉症は早めの対策が必要

花粉は2月頃からスギ花粉が飛散し始め、春先になるとヒノキ花粉が飛散し始めると言われています。
その年によって違いますが、2月頃からしっかりと花粉症対策をしなければいけないということになるでしょう。

花粉

また、これまで花粉症ではなかった方もある日突然症状が表れる可能性もあるので、現時点で花粉症ではないとしても油断はできません。
花粉症というと多くの人はスギ花粉を想像しますが、その他にも

「ヒノキやブタクサ、カモガヤなど様々な植物の花粉」

が原因になるので、日本人の4人に1人は花粉症だと言われているのです。
花粉症はアレルギー性鼻炎の中で花粉に反応して症状が出るものを指し、花粉が鼻やのどなどに付着することでくしゃみや鼻水などを生じさせます。

自分でできる花粉症対策について

花粉症対策は、ある程度であれば自分でもできます。

外出時の花粉症対策

花粉情報をチェック

花粉情報をチェックし、花粉の飛散量が多い日は極力外出を控えるということです。
時期になると花粉情報が情報番組などでも発信されているので、花粉症の方は外出時にチェックしましょう。

予防対策

外出時にマスクをして、帰宅したら洗顔とうがいをするということです。
花粉が飛散する時期には、花粉所要のマスクを着用して外出するようにしてください。
そして帰宅後には洗顔やうがい、鼻うがいなどをして花粉をしっかりと洗い流すことで症状を緩和したり、予防したりという効果が期待できます。

マスク

衣類の選び方

花粉が付着しにくい上着を選ぶということです。
花粉が衣類に付着すると室内に持ち込むことになってしまうため、できるだけ花粉が付着しにくいポリエルテル製のアイテムを選ぶと良いでしょう。
室内に花粉を持ち込まないためには、玄関にブラシを置いておき、ブラッシングをするという方法も効果的です。

続いては、日常生活の中でできる対策をご紹介します

掃除はこまめに

こまめに掃除をしておくということです。
花粉は、換気をすると室内に入り込んでしまうため、カーペットやカーテン、ソファなど花粉が付着しやすい場所をこまめに掃除することも大切です。

洗濯物にも注意

外に干した洗濯物は花粉を払ってから取り込むということです。
外に干した洗濯物には花粉がたくさん付着しているため、きちんと払っておかないと室内に持ち込みましょう。

洗濯物

ストレス

ストレスをためないということです。
アレルギーは、ストレスが大きくなると症状が表れやすいという特徴があります。
そのため、できるだけストレスを溜めない生活を心掛けることが大切になります。

花粉症の対策は、このようにちょっとしたことに気をつけるだけで良いのです。
しかし、花粉は目に見えないものなので、本当に除去できているのか分からりません。
そのため、できるだけ念入りに対策を取る必要があると言えるでしょう。

サリールのような空気清浄活性器を導入するのも対策の1つ

自分でできる花粉症対策についてご紹介しましたが、それだけではなくサリールのような空気清浄活性器を導入するのも花粉症対策として有効な手段となっています。
では、サリールはどのような空気清浄活性器なのか、花粉症対策には効果があるのかということについてご紹介していきましょう。

サリールハイパー

Salir Hyperお問い合わせはこちら

サリールという空気清浄活性器とはどんな製品なのか?

サリールは、大量のマイナスイオンと微量のオゾンを放出することで空気を綺麗にしてくれる製品です。
マイナスイオンは、森や滝というイメージを持つ人が多く、現代社会の中でマイナスイオンをたくさん浴びれる場所というのは少なくなっています。
マイナスイオンを浴びることで、細胞が活性化するため、新陳代謝の促進や自律神経を整えるといった効果を実感できでしょう。

人間の体に悪影響を及ぼしてしまうプラスイオンとのバランスを保つためにも、
現代社会においては特にサリールのようなマイナスイオンを発生させる空気清浄活性器の導入が重要になるのです。
マイナスイオンが大量に放出されることにより、自律神経や血圧が適切に調整されます。
そのため、疲労回復やイライラ、ストレスの軽減などの効果も期待できます。
つまり、心身の健康促進効果が期待できるということになるでしょう。

癒し

サリールが花粉症対策に本当に有効なのでしょうか?

花粉症の方は、症状を少しでも軽減させるために細心の注意を払いながら生活しなければいけません。
症状がひどい場合は抗アレルギー薬を飲んだり、点眼薬や点鼻薬を手放せなかったりする方もいるほどです。
しかし、いくら対策を行っても目には見えないほど小さい粒子の花粉は、全て室内に持ち込まないことの方が難しいと言えます。

そんな時の対策としてサリールは効果的です。
何故かと言うと、サリールは大量のマイナスイオンと微量のオゾンを放出するため、マイナスとプラスの針電極に電流を流す時に電子風が起こり
自然な風に乗って室内にマイナスイオンとオゾンが放出されるからです。

つまり、サリールはまるで大自然の中にいるような環境を作り出してくれるということになります。

そして

0.001ミクロンというとても小さいサイズの花粉であっても集塵できるため、室内に入り込んでしまった花粉の影響を受けにくくしてくれます。

また

サリールから放出される微量のオゾンは、集塵された花粉を分解してくれるので、花粉による症状が出ることを防いでくれるのです。

もちろん一般的な空気清浄機でも、空気中の花粉を取り込んでくれるので効果は期待できます。
しかし、一般的な空気清浄機の場合は、花粉が付着したフィルターを1度取り出して掃除をしなければいけないため、その時に舞う花粉やホコリで症状が表れてしまう可能性があります。

それに対してサリールの場合は、掃除は必要ですが、フィルターを使わずに花粉を分解しているため、掃除をするときに花粉やホコリが空気中に舞ってしまうことはありません
その点においてもサリールは花粉症対策に有効だと言えるでしょう。

サリールハイパー

Salir Hyperお問い合わせはこちら

2019年の花粉の飛散予測は?

2019年春の花粉は、東北から近畿地方では例年よりやや多め、中国地方では例年より多い飛散予測となっています。
四国は例年並み、九州は例年並みもしくはやや多めという予測が出ています。
北海道は例年より下回り、関東甲信地方や東海地方も例年よりやや少なめという予測です。
しかし、北陸地方では多い飛散予測となっていて、秋田県においては去年の花粉飛散量が少なかったため、去年と比べると非常に多いという予測になっています。

今年の花粉の飛散時期について

今年の花粉の飛散時期は、スギ花粉は例年よりやや遅くなるという見込みが出ています。
それを考慮して考えてみると、九州や四国、東海、関東の一部地域では2月中旬から花粉症のシーズンが始まると考えられます。

スギ花粉は、飛散開始が認められる少し前から花粉が少しずつ飛散し始めるため、1月中には対策を始めておいた方がより症状を抑えられるでしょう。
花粉症対策は、少しでも早い段階からスタートした方がより効果的です。

飛散

そのため、早めにサリールを導入し、室内の空気を綺麗な状態に保っておくなどの対策をきちんとしておくことをおすすめします。
スギ花粉がある程度収束しても、ヒノキ花粉も飛散するため、ゴールデンウィークくらいまでは油断できない状況が続きます。
飛散時期や飛散量の予測を把握し、適切な対処を行えば、症状を緩和することもできるので、辛い花粉症の時期を少しでも楽に乗り越えるための手段を選んでみてください。

花粉症は、とても辛い症状が長く続きます。
薬を飲んだり、自分でできる対策を丁寧に行ったりしても、なかなか症状の改善につながらないという方もいるでしょう。
そんな時は、大量のマイナスイオンと微量のオゾンを放出し、花粉も分解してくれるサリールの導入を検討してみてください。

室内の空気を綺麗にしてくれるサリールを導入することで、花粉症の症状緩和だけではなく、疲労回復やイライラ、ストレスの軽減といった心身の健康を促進する効果も期待できます。
また、掃除の際に花粉の付いたフィルターに触れる必要もないので、掃除もとても楽です。
サリールには多くの魅力があり、花粉症対策にも有効なのでおすすめできる製品だと言えます。

サリールハイパー

Salir Hyperお問い合わせはこちら

関連記事一覧