サリールハイパーについて

健康家族

カビの健康被害から家族を守る「サリール」とは?

ちゃんと掃除をしているにも関わらず、なぜか部屋の中でカビが生えてしまったり、カビ臭さを感じたりすることがあります。
カビというのは基本的に屋内の空気中には常に漂っています。
そのカビにとって住み心地が良くなってしまうと、あちこちにカビが生えてしまうことになるのです。
サリールは空気を綺麗にしてくれるだけでなく、カビの除去にも優れています。
今回は、カビが家の中で発生してしまう原因や対処法、さらにサリールの効果についてご紹介していきましょう。

サリールハイパー

Salir Hyperお問い合わせはこちら

カビが発生するのはどうして?

カビ

カビは常に空気中を漂っていますが、実は条件が揃わない限り繁殖することはありません。
しかし、ある条件をクリアしてしまうと人の目に見えるほどの繁殖を起こしてしまいます。
では、どのような条件でカビの繁殖が始まってしまうのでしょうか?

まず、湿度の高さが挙げられます。
お風呂場にカビが発生しやすいのはこのためです。
カビというのは基本的に60%以上になると活発的になり、80%以上になると一気に繁殖してしまいます。
そのため、カビが繁殖しやすい条件として湿度が60~80%であると言えるでしょう。

湿度

また、温度が高めでもカビが生えやすい環境になってしまいます。
カビの繁殖に最適な温度は25~28℃です。
しかし、20℃以上でもカビは繁殖しやすいと言われています。

さらにカビの栄養源があることも繁殖の条件に含まれます。
カビはホコリや汚れ、食べかす、ダニなどを栄養源とし、繁殖しているのです。
ただ、毎日掃除を欠かさずに行ったとしてもホコリなどは完全に取り切れない部分があるため、どうしてもカビが繁殖しやすい条件を満たしてしまいます。
これらのカビが繁殖しやすい条件をまとめると、1年の中で最も家の中にカビが繁殖しやすいのは春~夏の時期だということが分かります。
特に、梅雨の時期は湿度・気温が共に高くなるため、カビに悩まされてしまうという方も増えるでしょう。

しかし、現在は断熱・遮熱効果から冬でも室内の湿度や気温の高さを維持できるというケースが増えてきています。
そのため、春~夏にかけての時期は特に注意が必要となりますが、冬でも油断はできないのです。

春夏秋冬

カビによる健康被害

カビはいつも空気中を漂っているため、吸い込んでしまうこともありますが、基本的には吸い込んだとしても感染力が弱いので健康的な体であれば問題ありません。
ただし、カビによる健康被害が全くないわけではないので注意が必要です。
特に免疫力が落ちている方やカビへの抵抗力が弱い子どもや高齢者は、カビによる健康被害に陥ってしまう可能性が高くなります。
では、カビによる健康被害にはどんなものがあるのでしょうか?

高齢者と子供

気管支肺アスペルギルス症

気管支肺アスペルギルス症は、免疫力が落ちている時にカビの奉仕を大量に吸い込んでしまうことで、肺にカビが生えてしまう病気を指します。
この病気は特に肺の病気に感染してしまうと起こりやすいと言われています。

アスペルギルスというカビは、よく見られるカビの種類です。
布団やカーペットだけではなく、エアコン内部でも繁殖しやすく、大量に吸い込みやすい状態だと言えます。
発熱や咳、呼吸困難に陥るケースもありますが、場合によっては症状が出ないまま進行してしまうこともあるので注意しましょう。

発熱

クリプトコッカス症

クリプトコッカスは土壌によく含まれているカビの一種で、鳩の糞を栄養源に繁殖していきます。
例えば、ベランダに鳩の糞が落ちていて、乾燥してしまうと乾いた糞が粉塵に紛れてしまい、吸い込んでしまいやすくなります。

吸い込んだ時に肺の中でクリプトコッカスが繁殖してしまい、咳や胸痛、呼吸困難に陥ってしまうのです。
また、場合によっては髄膜にまで感染してしまい、髄膜炎を引き起こしてしまう可能性もあります。
通常は免疫力の落ちている人に起きやすいのですが、稀に免疫力が正常であってもクリプトコッカス症を引き起こす場合があるので気を付けなくてはなりません。

鳩

水虫

水虫というのは一般的な呼称ですが、正式な名称は「足白癬」と呼ばれる病気です。
白癬菌というカビが皮膚の角質層に感染してしまうことで引き起こってしまいます。

水虫が感染するというのは、カビが他の人に感染してしまうためです。
水虫が足にできやすいのは、靴や靴下でムレやすく、カビが繁殖しやすい条件が整っていることが理由として挙げられます。

水虫

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は、花粉やホコリなどのハウスダストによって起きるアレルギー反応ですが、カビの胞子がアレルギーとなって結膜炎を引き起こしてしまう場合もあります。
アレルギー性結膜炎になると目が充血して目やにが出やすくなり、かゆみを伴います。

結膜炎

食中毒

食中毒の多くは細菌・ウイルスが原因となっており、カビが原因で食中毒になることはあまりありません。
しかし、カビが作ったマイコトキシンと呼ばれるカビ毒によって食中毒が発生するケースが見られます。

例えば、食材の半分側だけカビが生えていて、もう半分側にはカビの繁殖が見られなかった時、中にはカビが生えている部分だけを切り取って他の安全な部分を食べようと考える方もいらっしゃいます。

しかし、カビを切り取ったとしても作られたカビ毒や菌糸などが残っていると考えておいた方が良いでしょう。
部分的にでもカビが生えている場合は、全て処分した方が食中毒を防げます。

食中毒

カビを予防するには?

カビを予防するためには、先程もご紹介した繁殖しやすい条件を満たさないようにすることが大切です。
まず、湿度は60%をキープするようにしましょう。

大半のカビは湿度が60%以下になってしまうことで、活動を停止します。
人間としても快適だと感じられやすいのは40~60%と言われているので、快適な湿度を保つように心掛けていればカビの心配も防げるでしょう。

湿度を下げるなら除湿機の活用がおすすめですが、除湿機を使っていない場合は定期的に窓を開けて換気を行うと良いです。
ただ、春になると花粉が気になって換気できないという方は、換気扇を回したりエアコンのドライ機能を使ったりすることで湿度調整が容易になります。

窓を開ける

部屋の温度は25℃以下を目指すようにしましょう。
カビは25~28℃で最も活発的になり、繁殖してしまいます。

冬はそこまで心配ありませんが、夏になると25~28℃の室温になりやすいので、冷房を使って25℃以下を保つようにしましょう。
ただし、カビというのは0~50℃でも基本的には活動できてしまうため、室温だけを気を付けていてもカビが繁殖してしまうケースはあります。
しかも夏に冷房を使いすぎて体力が落ちてしまい、結果的に免疫力が落ちてカビの抵抗力が弱まっては意味がありません。
室温はそれほど気にせず、できる部分を無理のない範囲で行うようにしましょう。

あとは定期的に掃除することが大切です。
何でも栄養源になってしまうので、室内を清潔な状態に保つことでカビの繁殖を防げます。
また、ホコリを取るだけでなく拭き掃除も行っておくと表面の汚れまでしっかり綺麗にできるのでおすすめです。

サリールを使ってカビを除去!

上記の予防方法を心掛けることでカビが繁殖しにくい環境を作り出せますが、それでも絶対にカビが繁殖しないというわけではありません。
しかも、上記の方法を常に維持するのは意外と大変なものです。

もっと楽にカビの繁殖を防ぎたいという方は、「サリール」を活用してみましょう。

サリールハイパー

Salir Hyperお問い合わせはこちら

空気清浄活性器のサリールは、東京都技術開発助成認定を受けた特許取得済み製品です。
サリールの中には筒電極と針電極があり、針電極から高電圧をかけることによって、筒電極の中で電子風が発生します。
これは、カミナリが発生している時と似たような現象です。
電子風と共に大量のマイナスイオンと微量オゾンを発生させ、室内へと放出させていきます。

サリールから放出される微量オゾンがカビを強力に除菌し、カビ自体の数を減少させます。
殺菌のために使用されている塩素系殺菌剤の10~数百倍にも及ぶ殺菌力を持っているのです。

オゾン

しかも塩素系殺菌剤を使うよりも安全に使用できます。
子どもやペットがいる家庭でも安心して使えるでしょう。

また、大量のマイナスイオンは室内を心地良い空間に変えてくれる効果を持っています。
例えば滝の近くに行くとリフレッシュすることと同様に、家の中でもそれが体感できるのです。
清々しい環境づくりができて、さらにカビ対策もできるというのは、サリールならではの魅力と言えるのではないでしょうか

特に子どもや高齢者がいる家庭では、カビ対策を行わないと健康被害に陥ってしまう可能性があります。
できるだけカビによる健康被害のリスクを抑えるためにも、サリールでカビ対策を始めてみましょう。

サリールハイパー

Salir Hyperお問い合わせはこちら

関連記事一覧