サリールハイパーについて

salir-hyper

医療用物質生成器とは

Salir サリール は 平成17年10月7日経済産業省認定の「医療用物質生成器」です。

「医療用物質生成器」の表示は、経済産業省(商務流通グループ消費経済部 製品安全課)が認定している製品表示であり、

表示対象
特定電気用品以外の電気用品中、その他交流用電気機械器具の「医療用物質生成器」として取り扱う。

表示理由
集塵フィルター、高電圧集塵等の空気清浄機構を有しておらず、電気的の発生させた「オゾン」及び「マイナスイオン」
により屋内空気の浄化が行われる装置なので、「医療用物質生成器」として取り扱うのが、妥当と判断する。

と、電気用品安全法の解釈がなされています。

サリールの特許・受賞歴

また特許や受賞歴については以下のとおりとなっています。

サリール 取得特許
特許第2815835号
特許第3007311号
特許第3017146号
特許第3423164号
特許第3426927号
US 6,391,269B1

サリール 受賞歴
平成5年 東京都新技術開発助成認定
平成9年 東京都開発展特別賞受賞
平成10年 東京都発明展協会奨励賞受賞
平成12年 全国信用金庫連合会理事長賞受賞

サリールハイパーは、マイナスイオンを500万個生成することのできる最高スペック。
マイナスイオンは、10万個以下だとマイナスイオン、プラスイオンが結合するのみとされており、マイナスイオンが多くなることはありません。

プラスイオンは、アレルギー疾患や不眠症、片頭痛などの原因にもなるとされていますが、現代人はプラスイオンにまみれた生活をしていることはあまり知られていません。
スマホ、PCから出る電磁波は、まさにこのプラスイオン。

プラスイオンは加齢とともに増加してくのですが、プラスイオンが増えれば増えるほど血液はドロドロに。
それは免疫力の低下にもつながり、疾患を引き起こす要因ともなっているのです。

関連記事一覧